屋外手すりの施工例

屋外手すり:既存の手すりに接続・支柱から壁へ

こんにちは!手すり屋です!

今回は屋外手すりの施工例を2件紹介します!

新しい手すりを既存の手すりに接続

既に階段に手すりが設置してあるお家。

2本のうちの上段の手すりが高めの設定でした。
床が滑るので、玄関ドア付近まで延長して欲しいとのご依頼です。

使用部材

イズミ

ステンレスエスパイプ (支柱・手すり共)

パイプキャッチャー

フリーエルボ

フリーブラケット

ピン付き座金

手すりの高さ

上端(うわば:手すりの上面)で80cmです。

御影石(みかげいし)タイルのコア抜き

御影石の自然石相手だとコア抜きはこう簡単にはいきません^^;が、加工してある御影石は難なくコア抜き可能です^^

コアを抜いた後は土が出てきますので、さらに掘って土も除去します。

玄関ドアが親子ドアになっている場合は、子扉の開閉に支障がないかもチェックしてくださいね。

支柱から壁への手すり

上の縦手すりで一段をカバー、そこから階段の昇り降り用の手すりです。

使用部材

イズミ

ステンレスエスパイプ (支柱・手すり共)

フリーエルボ

ベースエンドエルボ

フリーエルボ壁 (壁付けで角度の変更)

壁付ブラケット

ピン付き座金

手すりの高さ

段鼻(階段の先端)から75cm、下の水平部分は80cmの設定です。
壁に段差がなければすべて壁付けの手すりでも施工可能でしたが、基礎と外壁に少々段差があったため、手すりの通りを優先しての形状になりました。

コア抜きは真横がトイレだったため、排水管が呼んでもないのにコンニチハ…
なんとか埋め込みの深さは確保できたので助かりました^^;

 


玄関周りのコア抜き工事は常に緊張が伴います。

水を流しながらコアビットで穿孔しますが、出てくるノロ水(穿孔時の排水)に注意していないと、樹脂粉、金属粉を見逃してしまいます。

が、それでも事故を完全には防げませんね^^;

屋外手すり工事2例でした!参考になればウレシイです!

ABOUT ME
Cuore Works
手すりを設置したお家はざっと5,000件以上、一人で20,000箇所以上の手すりの取り付けをしてきました。 ・介護や福祉の現場で活躍される皆さん ・DIYに挑戦する方 ・手すり工事を頼まれた他業種の職人さん に手すり専門の職人としての経験がお役に立てればうれしいです^^