屋外階段の手すり

階段の手すり:踏面の奥行きが違うけどどうする!?

こんにちは!手すり屋です!

今回は階段手すりのお話。

屋外手すりで多くみられるケースです。

階段の踏面(足を乗せる床部分)の奥行きが、
途中で変わってしまう造りの場合、
手すりはどのように曲げればいいでしょうか?

 

踏面の奥行き寸法が同じ場合

オーソドックスな直線手すりでOKですね^^

この図では分かりやすいように、
段鼻から75cmのラインを点線で示してあります。

均一な造りとはいえ、特に屋外では数ミリの誤差はありますが、
この程度の誤差であれば、直線手すりでも使用に違和感はないですね。

 

踏面の奥行きが異なる階段

こちらの図をご覧ください。

一見普通の階段の断面図のようですが、
①の踏面の奥行きが②・③の踏面の1.5倍ほどになっています。
一般住宅の屋外ポーチから門扉へ続く階段でよく見られる造りです。

このように踏面の奥行き寸法が異なる場合、
直線の手すりにしてしまうと、
階段ごとに手すりの高さが変わってしまうので、
非常に違和感の強い手すりになってしまいますよ^^;

 

上下の端部を直線でつないでしまうと…

端部の支柱では高さは同じですが、
中央の2箇所で、段鼻からの高さが低くなってしまいますね。

階段の下部の勾配に合わせた場合

このように②・③の階段の勾配に手すりのラインを合わせると、
このラインの方が鋭角なので、
一番上の75cmラインを超えてしまいます。

階段の上部の勾配に合わせた場合

踏面の奥行きが長い階段の勾配は緩やかになります。

この勾配に手すりを合わせると、
下の2箇所で高すぎる傾斜になってしまいます。

ブラケットを選択して勾配の変わる場所で曲げる!

こちらは屋外の施工例です。

勾配の変わる場所でブラケットを使用して角度を変えています。
これはイズミのタテフリーエルボというブラケットです。

この形状にすることによって階段のどこで立っていても、
自然な高さになるので、違和感なく安全に昇り降りができますね^^

 


テスリドリ
テスリドリ

階段の手すりを考えている場合は、

それぞれの段差・踏面の奥行きをしっかり確認しようね!

ABOUT ME
Cuore Works
手すりを設置したお家はざっと5,000件以上、一人で20,000箇所以上の手すりの取り付けをしてきました。 ・介護や福祉の現場で活躍される皆さん ・DIYに挑戦する方 ・手すり工事を頼まれた他業種の職人さん に手すり専門の職人としての経験がお役に立てればうれしいです^^