手すりの知識

手すり工事:壁に段差がある場合

こんにちは!手すり屋です!

壁に段差がある場合の手すりの取り付け、

【階段編】

階段の壁に段差がある時、手すりはどうする?こんにちは!手すり屋です! 今回は手すり工事の中でも、 階段の壁に段差があるケース。 「段差があるなら壁をリフォームしちゃえば...

に引き続き別の場所も見ていきましょう!

 

タイルとの段差

タイルとの段差用にも専用スペーサーが用意されています。


6mm、15mm、20mmの3種類

タイルとの段差は数ミリの誤差はありますが、
このスペーサーを使って施工します。

しかし中には、
こんなケースも…^^;

なんと60mmの段差!

ボクもこんなケースは初めてでしたが、
20mmの補強板×2枚+20mmのスペーサー=60mm^^;

こういったことがあるから手すり工事は楽しいです^^

 

補強板との段差

補強板だらけになってしまいそうだったので、

奥のブラケットは、6mmと9mmのスペーサーを重ねて、
15mmの補強板と出幅を合わせてあります。

 

屋外階段編

これは壁の段差ではないと思いますが、
なかなかのレアケースです。

こちらも似ていますね。

屋外手すりの強度を活かしての施工です。

こういった特殊なケースに強いのが、
矢崎化工の部材です。

 


今回は階段以外のケースを紹介しました。

参考になればうれしいです♪

ABOUT ME
Cuore Works
手すりを設置したお家はざっと7,000件以上、一人で30,000箇所以上の手すりの取り付けをしてきました。 ・介護や福祉の現場で活躍される皆さん ・DIYに挑戦する方 ・手すり工事を頼まれた他業種の職人さん に手すり専門の職人としての経験がお役に立てればうれしいです^^